インディ・ジョーンズ 最後の聖戦 映画を 無料動画視聴できるサイト!

洋画

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
14日間無料

14日以内に解約すれば
料金は0円無料です

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯よりアニメ・映画が好きな

アニピヨライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。
独自視点で作品の楽しみ方MAX!


ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

インディ・ジョーンズ 最後の聖戦 映画PV&公式YouTube動画

Indiana Jones and the Last Crusade (1989) Trailer #1 | Movieclips Classic Trailers

インディ・ジョーンズ 最後の聖戦 無料で映画を視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
クランクイン!ビデオ」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

14日以内に解約すれば
料金は0円無料です

14日間無料体験」実施中!
・月額プラン 990円が14日間無料
・初回登録で1,000ポイントをプレゼント

クランクイン!ビデオでは、
加入している料金プランごとに
レンタルに使えるポイントが貰えます。
付与されるポイントは以下の通り。

  • 月額プラン:990円(税込)
    毎月2,000ポイント獲得
  • 月額プラン(プレミアム):1,650円(税込)
    毎月3,000ポイント獲得


さらに加入時に追加でポイントが多く貰える
キャンペーンも時期によっては
開催しているときがあります。

サービスに加入するのを
悩んでいる人でも、
月額料金以上に動画を視聴できる
ポイントが貰える
ので、
新作が実質無料で視聴できる
考えるとお得。

レンタルできる作品のラインナップも
洋画、邦画を中心にドラマやアニメ、
アダルトまで揃っているので、
試してみる価値ありです。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
14日間無料
月額891円(税抜)
u-next×31日間無料
月額1,990円(税抜)
hulu×14日間無料
月額923円(税抜)
FOD×初回2週間無料
月額888円(税抜)

インディ・ジョーンズ 最後の聖戦 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

インディ・ジョーンズ 最後の聖戦 キャスト・スタッフ

<CAST>

ハリソン・フォード

ショーン・コネリー

デンホルム・エリオット

アリソン・ドゥーディ

ジョン・リス=デイヴィス

ジュリアン・グローヴァー

リヴァー・フェニックス

マイケル・バーン

ケヴォルク・マリキャン

<STAFF>

監督:スティーブン・スピルバーグ

製作:ロバート・ワッツ

製作総指揮:ジョージ・ルーカス

      フランク・マーシャル

原案:ジョージ・ルーカス

   メノ・メイエス

脚本:ジェフリー・ボーム

撮影:ダグラス・スローカム

特撮:ILM

音楽:ジョン・ウィリアムズ

インディ・ジョーンズ 最後の聖戦 あらすじ

「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」
でのジョーンズ親子の活躍は、
興奮に満ちた最高物語だ。

インディ(ハリソン・フォード)の
宿敵ナチスが舞い戻り、
彼にキリストの聖杯を探させようと、
父親のヘンリー・ジョーンズ教授
(ショーン・コネリー)を誘拐する。

手掛かりを追ってアメリカからベニスへ、
そして砂漠の中東へと続く冒険には、
ノンストップのアクションが満載だ。

父の救出、聖杯の発見、世界の平和、
すべてがいまインディ・ジョーンズに
託された!

インディ・ジョーンズシリーズの中でも一番コメディ要素が強く、みんなで笑いながら楽しめて見れる作品に仕上がっています。もちろんコメディだけではなくて、スリリングな冒険要素や謎解きもたくさん用意されています。そしてインディ・ジョーンズの父親も登場するのですがこの父親がかなり良いキャラをしていて、親子のテンポの良い会話と抜群のチームワークが印象的でした。プロペラ戦闘機での空中戦、戦車や馬を使っての地上戦など、敵との戦いも単調にならないように様々なヴァリエーションを加えて、観客を飽きさせないように工夫が施されているのが分かります。敵によって追い詰められてもうダメだと思ったときに、インディジョーンズが機転を利かせてピンチを切り抜けていく様子がとてもカッコ良く描かれています。 
20代男性

冒険のスリルとサスペンスはもちろん面白く、他のインディ・ジョーンズシリーズと比べてコメディ要素が多く含まれているのでとっても楽しめる作品です。特に主役のハリソン・フォード演じるインディと、父親役として登場するショーン・コネリー演じるヘンリー・ジョーンズの2人が聖杯を求めて奮闘する姿や掛け合いがドタバタで、ハラハラドキドキしながらもクスッと笑える所がたくさんあって楽しめます。ショーン・コネリーは父親役としてとっても素敵で良い味を出しています。冒頭シーンではリバー・フェニックス演じるインディの少年時代も描かれていて、トレードマークの帽子はどこから来たのか、蛇が嫌いになったきっかけは何か等を知る事が出来るのも見所です。
30代女性

ショーン・コネリーといえば、ダンディでセクシーなジェームズ・ボンドのイメージ。そのイメージからうまく騙された「インディパパ」=ショーン・コネリー。銃をペンに持ち替えて、インディパパ参上。(が、女性に誘惑されちゃうのは、ご愛敬)。この作品は、彼の存在なくして、あそこまでのエンターテインメントとして盛り上がりは、有り得なかった作品かもしれない。インディの考古学者としてのベースは、父の後姿。知識は父から、父の手帳から受け継ぎ、力を合わせて聖杯を探し出す様子は、ちょっとしたスポ根漫画のようでもあった。冒険・アクションもあるけど、コミカルなシーン、そして最後に親が子を諭すシーンは、何故か泣ける。主人公は何度もピンチになる。冒険映画だから当然のこと。それを助けるのは、いつでも父であった。いくつになっても、親は親。冒険活劇、そして家族をテーマにした映画だったのだろう。 
50代女性

毎回ハラハラドキドキさせてくれる冒険活劇です。今回は、ヘンリー・ジョーンズを演ずるショーン・コネリーの凛とした風貌と軽妙洒脱な演技がひとつの見どころです。もちろんインディ役のハリソン・フォードのアクションも存分に楽しめます。インディが父ヘンリーを救出し、ふたりでナチス相手にキリスト聖杯の謎に迫るわけですが、この父と息子のでこぼこコンビが愉快で、特にヘンリーの常にマイペースでとぼけた行動は、敵に追われてピンチのインディに「こんな時は座ってゆっくり考えよう」と提案したり、親子で捕まり、縛られたロープをライターで切断しようとして火事を引き起こしてしまったりと、息子のインディをハラハラさせる場面が随所にあり、笑いを誘います。これは年齢を重ねても颯爽としたショーン・コネリーが、おちゃめなおじいちゃんを飄々と演じ、ハリソン・フォードのタフガイがカバーするという、絶妙なあうんの呼吸の賜物です。また冒頭で、リバー・フェニックスが少年時代のインディ役で登場し物語をうまく盛り上げています。
50代男性

古い映画ではありますが、オススメ出来る作品でもあります。セットと風景を上手く取り込んでいて、初めて見た当時は見分けが付かずに見ていてドキドキワクワクするシーンがあって凄く楽しんで見ることができました。勿論キャストのやり取りも面白く、ショーン・コネリーとハリソン・フォードの会話のやり取りが本当の親子のように見えて、ショーン・コネリー演じる父親が頑固で偏屈で考古学に真剣に向き合っている人物、ハリソン・フォード演じる息子があまり親父に会いたくなくて、冒険の謎を解くには親父の力を借りなくてはならない感じがなんとなく分かるなと思いました。ドキドキシーンはやっぱりクライマックスに進む仕掛けのシーンがあって、親父の命を助けて前よりも親子の関係が良くなっていくシーンも良い話になっていると思います。現代のCGを使った映画も良いですが、セットに力を入れている映画もまた良いと思います。
40代男性

味方だと思っていた人間が実は敵というのはよくある演出ですが、この作品では細やかなエピソードを積み上げることで立体的なストーリー展開になっているところが面白かったです。武器を使って現状を打破しようとする息子と武器に頼らずに日常品である傘を使って危機を脱しようとする父親の対応が、ギャップがあって微笑ましく見ました。迫力あるアクションシーンが盛り沢山でしたが、そのどれもに親子でまったく違う対策をとる様子に笑いを誘われたのです。ジョーンズの父親役のショーン・コネリーのとぼけた演技もツボにはまります。さらにこの作品中でジョーンズの本当の名前や小さな頃の話が披露されるエピソードも入れられているので、ファンなら見逃せないシーンが多々あります。
50代女性

文武両道の考古学者インディアナ・ジョーンズが活躍するシリーズの第三弾。今回は新キャラとしてジョーンズの父親ヘンリー・ジョーンズが登場、ショーン・コネリーが演じています。親子でナチスの軍に追われつつも聖杯を見つけるという目的のために冒険するという王道の話です。息子のインディアナが動だとすると父親のヘンリーは静ですね。老体のため息子のように派手なアクションはないものの、経験と知恵で少ない労力で大きな成果を得るという芸当に長けていて差別化が図られています。ショーン・コネリーは一見どんくさくておっちょこちょいだけど、目の奥に宿る鋭さを携えている役柄に対して真摯に向き合っているような見事な演じっぷりでした。インディ・ジョーンズシリーズは今作含め全部面白いので全部オススメです。
30代男性

これまでに観たインディジョーンズシリーズでも最もすっきりとするラストでした。作中ではヒロインのエルザの悪さが際立っていただけあって、最後哀れな目に合う場面にスカッとします。正しい杯を選ぶ場面で、エルザが選んだ杯でウォルターが水を飲むと彼は死んでしまいます。これはエルザが偽の杯を選んだことによるものであり、人を殺すなんて酷いと彼女に強い怒りを覚えました。後にエルザは聖杯を持ち出そうとして床の割れ目に落ちてしまいますが、この場面にはすっきりとした気持ちにさせられます。まさに「悪いことをしたら、悪いことが返ってくる」と言わんばかりのラストでした。そして子どもの教育にも良いだろうなと考えました。大人から子どもまで楽しめる作品だと思います。
30代女性

映画そのものが楽しいシリーズ、そしてシリーズラストの最後の聖戦は父が登場するという面白さも加わります。インディは誰よりも聖杯を手に入れる事に執念を燃やし続けていたナチス党員の富豪から相談され聖杯を探す事を相談される。現代に聖杯があったらどんな形だっただろうかと我々の想像と期待を胸膨らませる題材であるとともに、聖杯を探していた調査隊長が自分の父だと知ったインディが渋々引き受ける。そして半ばやる気が無い彼に「用心してくれ誰も信用してはいけない」と言うアドバイスにも波乱を感じさせる面白さが最初から伺えるのです。縛られ火あぶりになりそうになるシーンなども、インディが父との絆を深めている様にも見え、スリルとアクションだけではなく、人間模様までもが楽しめる傑作だと言えます。
50代女性

最後の聖戦に於いて何と言ってもショーン・コネリーのコミカルな演技が作中の緊迫した空気をフッと弛緩し、映画全体のメリハリをつけていたように思う。あの007のショーン・コネリーがコミカルな演技をするのだ、今にして思うと凄い事だと思う。ハリソン・フォードとのちょっと複雑な親子関係、それでいて女性の好みまで一緒だというどこまでも似た物同士の2人。親子二代で追っているキリストの聖杯、ジュニアと呼ばれる理由、3部作の最後にして回収される伏線も素晴らしかったと思う。オープニングの若かりしインディ役にリヴァー・フェニックスが出演しているのも特筆する点かもしれない。出演シーンこそ少ないが彼もまたスクリーンの中で素晴らしい演技をしている。私の一番のお気に入りのシーンはラスト、父がインディに対してジュニアではなく「インディアナ」と呼びかけるシーン。父の愛情が全てこの一言に込められている。彼の優しい声が脳裏に焼き付いて今も忘れられない。
40代女性

歴史のロマンを感じさせつつ、迫力あるアクションシーンが楽しく見られます。主人公の父親も登場し、ケンカしながら危機を脱出する親子のやり取りが軽快で面白いです。そのため、ヒューマンドラマっぽい側面も感じます。またいがみ合っていても、この親子の女性の趣味が同じだったりと笑える小ネタが散りばめられているのも評価できます。この小ネタに関しては歴史上の人物をいい具合にイジっているのもセンスを感じます。父親の方が傘で危機を脱出する場面は、なんだか可愛くて忘れられません。個人的には方向音痴の副学部長の方向音痴が地味にストーリーを面白くさせていたのが印象に残っています。むしろ一番の被害者感が否めず、主人公そっちのけで応援したくなりました。
30代女性

言うまでもなく何回見てもおもしろい作品です。見ててハラハラドキドキするので、子供から大人まで幅広く楽しめます。インディの父親との親子愛が描かれていて、インディジョーンシリーズの中ではこれがイチ押しという方も多いと思います。シリアスな場面もありながら合間合間に笑いを誘うシーンをいれてくれるので、全体的に見たときにとてもバランスのいい内容かと思います。俳優陣も主演のハリソンフォードに加え、リバーフェニックス、ショーンコネリーと豪華すぎるの一言。前作、前々作をうまく踏襲してる部分で安心し、そこにインディの親子愛が加わり物語に厚みが増しています。序盤からテンポがいいので、映画の世界にすぐ引き込まれとても見やすいです。
40代男性

ハリソンフォードとショーンコネリー親子が一致協力してナチスと戦う物語です。イエスキリストの聖杯をめぐっての攻防ですが、ショーンコネリーが聖杯研究のデータを書き込んだ手帳をナチスに奪われてしまうのです。ヒロインはやはり考古学者だが物欲が強いために奈落の底に落ちていきます。それにしてもハリソンフォードは無敵の強さを誇っているので、ずっと安心して観ていました。アクションがめちゃくちゃ凄いし、飛行機を操縦できるし、乗馬もうまい。ある意味スーパンマンのようです。ショーンコネリーはパパらしく振舞っていて、ハリソンフォードとしっくりしていました。しかも親子で戦うというのも、あまりない設定ですので楽しめました。この映画はやはりテーマ曲が秀逸ですので、戦いが終わったハリソンフォードをたたえる曲として素晴らしいし、とても元気が出ます。
60代男性

まさに冒険。今見ても面白さ抜群です。子供の頃、今ではすっかりおなじみとなったインディジョーンズの音楽を歌いながら、木の棒を持ってアスレチックで友達と遊びまわった事を思い出します。インディジョーンズシリーズはどの作品も面白く見ることが出来ますが、特にこの作品はお父さんとのシーンが大好きです。これによって、面白みも倍増した気がします。迫力のあるアクションに、手に汗握る展開。今の映像技術と比べてはさすがにレベルが違いますが、当時の映画作品ではどうしたらこんな映像を取ることが出来たのだろうと思うほど、レベルが高いです。世界中、なおかつ世代を超えて、ここまで広く知れ渡った冒険映画は数少ないと思います。末筆ではございますが、ショーン・コネリーさんのご冥福をお祈りいたします。30代男性
インディ・ジョーンズとその父ヘンリーによる冒険がスリリングで楽しい作品です・今まではあまり明かされてこなかったインディの若き日の出来事なども描かれていて、どのようにして今のインディジョーンズが完成されたのかを知ることが出来て感慨深い思いに浸れます。若き時代のインディをリバーフェニックスが演じていたりインディの父をショーン・コネリーが演じていたりと豪華なハリウッドスターが多数登場するのですが、誰かが特別目立つということはなくみんな均等に見せ場があるところも良かったです。シリーズでお馴染みのムチをつかったアクションはもちろんのこと、考古学的な謎解きやミステリー要素もたくさんあるので楽しさが倍増する映画です。 
20代男性



本ページの情報は2020年11月時点のものです。

最新の配信状況は クランクイン!ビデオ サイトにてご確認ください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました