僕らは恋がヘタすぎる 無料動画視聴できるサイト!ドラマをシリーズ一気見!

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
hulu14日間無料
見放題配信

14日以内に解約すれば
料金は0円無料です

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯よりアニメ・映画が好きな

アニピヨライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。
独自視点で作品の楽しみ方MAX!


ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

僕らは恋がヘタすぎる ドラマPV&公式YouTube動画

ドラマ+「僕らは恋がヘタすぎる」ロングPR動画公開!

僕らは恋がヘタすぎる 無料でドラマ視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Hulu」で
フル動画配信しています。

▼Hulu 5つのポイント

1、人気映画・ドラマ・アニメなど70,000本以上!!
国内・海外ドラマやアニメ、
バラエティ、映画等、
最新の作品から懐かしの名作まで
70,000本以上の作品が満載です!

2、マルチデバイス対応で
いつでも・どこでも、視聴できる!

PC、テレビ、スマートフォン、
タブレットなど、様々なデバイスに対応!
テレビで見始めた動画のつづきを
スマートフォンで楽しめます!

3、Huluでしか観られないオリジナル作品を多数配信!

4、ライブ配信が充実!
スポーツ中継、ニュース、音楽ライブ、
最新のドラマなど旬のコンテンツがライブで楽しめる!

5、まるで映画館!驚きの高画質!
インターネット接続環境に合わせて配信画質を
調整しているから、お家でも、外出先でも、
迫力の映像が楽しめます!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
hulu14日間無料
見放題配信
月額923円(税抜)
×31日間無料
月額1,990円(税抜)
×初回2週間無料
月額923円(税抜)

僕らは恋がヘタすぎる 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

僕らは恋がヘタすぎる キャスト・スタッフ

<CAST>

藤原 花:川島 海荷
コンビニエンスストアの商品開発部所属の社員。スイーツ開発を担当。
人に嫌われたくないという思いが強く、つい相手の表情を窺いながら気持ちを表に出すことができない。

成田 洋介:白洲 迅
経営コンサルタント。
イケメンで親切な性格のようだが、愛想が悪く、思ったことをはっきり言うために周りの評判はあまり良くない。

一ノ瀬 歩:塩野 瑛久
成田の友達。
心の影がある。
明るくチャラく振る舞っているが、距離を詰めさせてくれない壁がある。

片山 みずき:浅川 梨奈
花の小学生のときからの親友。
男性と付き合うのがヘタで、セフレになってしまう。
愛されたい願望が強い。

一ノ瀬 奏多:嶋﨑 斗亜(関西ジャニーズJr.)
歩の弟。
歌手を目指して、都会に来た。
ストリートライブ中に、花と出会う。

浜野 由梨:野呂 佳代
花の会社の上司。

サエ:大場 美奈(SKE48)
成田の元カノ

僕らは恋がヘタすぎる解説

1200万ダウンロードを突破した
橘えいこの電子コミック
「僕らは恋がヘタすぎる」を
川島海荷と白洲迅のW主演で実写化。

「自己犠牲ガール」「Mr.正論」
「セフレ体質女子」「影ありチャラ男」
「健気わんこ系男子」といった
性格が全く異なる男女5人が、
恋愛を通して成長していく
姿を描くラブトーリー。

僕らは恋がヘタすぎる 各話紹介

第1話

花(川島海荷)とみずき(浅川梨奈)は
小学生の頃からの大親友。

彼氏に浮気され振られてしまった花は、
みずきと傷心旅行で温泉へと出掛け、
旅先で成田(白洲迅)と
歩(塩野瑛久)という
二人の男性と出会う。

元彼に振られて親友のみずきと温泉旅行に来た花は、成田と歩という男性に出会う。旅行先で携帯電話を無くした花を見て、成田は一緒に探してくれる優しい男性だが、少し辛口なところがある。しかし、自分の思いを相手に伝えられない花には、成田という人が必要な存在なのかなと思いました。花は成田と出会ってから少しずつ自分の気持ちを相手に伝えらるようになり、本当の自分をだせるようになったので良かったなと思いました。少しずつ成田のいいところに気づき惹かれていく花だが、親友のみずきが成田に好意を寄せることに気づき、成田への気持ちを封印してしまう。今後のみずきと花の関係や成田と花の関係がどうなっていくのか気になるところでした。成田と花がいい関係になったらいいなと願っています。
20代女性

花と成田くんの衝撃的な出会いと、成田くんの忖度一切しない物言いには驚きましたが、今の時代にはあまり居ないタイプの男性だと思い、かっこいいと思いました。温泉宿での男女の出会いはとても魅惑的だなと思いました。また、ひょんなことがきっかけで一緒に食事をする展開になることや、みずきと花は傷心旅行をしているという設定も、恋愛が始まっていく流れとしてとてもドキドキするもので、引きこまれていきました。花が飲み会でつぶれてしまって、成田くんとホテルで一夜を共にしてしまって、成田くんが花にベットの上でキスをしようとする瞬間は、私がまるでキスされているかのような錯覚を受けるくらいリアルで興奮するものでした。
30代女性

携帯を一緒に探してくれた成田が4人で飲みに行くと花のぐちぐちした態度がムカついたらしく、初対面なのガンガンと嫌なことを言っていましたが、それに対して花がキレてしまったことでどうやら成田は、花が好きになったのが分かりました。成田が、花のことが気になって仕方がないのが白洲迅さんの演技で感じられて、恋ってこんな感じだなと思いながら嵌ってしまいました。川島海荷さん演じる花がおんぶされているシーンがありましたが、彼女が小柄なせいかとても可愛く感じました。花の性格が少しじれったい感じはありますが川島さんの可愛さでそこが上手くカバーされており楽しんでみることができました。この先の二人の恋がどうなって行くのかが気になります。
50代女性

始めは何が起こったのか全く整理が出来ませんでした。花と洋介がラブホテルでキスから始まったので、2人は簡単に結ばれたところから始まるのではないかと思いましたが、それも勘違いだと気づきました。個人的にははっきりと自分の意見を相手に伝えることの出来る洋介はとてもカッコいいと思います。少し言い方が強すぎるという欠点はありますが、言いたいことをはっきり言えは人は少ないです。それが見事に花の性格にマッチしているところが良かったです。花はあまり自分の意見を上手く相手に伝えられない性格だからこそ、洋介という存在はこれから大きくなって行くと思います。しかし最後に2人の友達であるみずきと歩が関係を持ってしまうのは想像がつきませんでした。
20代男性

タイトル通り、みんな恋が下手でとてもむずむずするストーリーでした。花は男性からはモテるタイプの子だけど、女性からすると嫌われるようなタイプだなと感じました。みずきみたいなタイプが花と友達でいるのが謎なので、どうして二人が友達になったのかが知りたいです。また、体調の悪そうな花を成田がラブホテルまで連れて行っちゃったのにはびっくりしました。しかも、口移しでお水まで飲ませちゃって1話からかなり刺激が強めで興奮しました。すでに成田は花のことを好きなような感じがあるけれど、本気なんだろうかとわくわくします。さらに、みずきは成田が気になると言いつつ、歩と寝ていたし、男女四人でドロドロなことにならないといいけどど心配です。
30代女性


第2話

体調を崩した花(川島海荷)は
成田(白洲迅)に介抱される。

その後、成田から強引にデートに誘われた花は、
みずき(浅川梨奈)に後ろめたさを感じながら、
一緒に出掛けてしまう。

自分の気持ちに気付いた花は、
みずきに成田との事を正直に告白するが、
花に嫉妬心を燃やすみずきは、
わなを仕掛けようと画策する。

衝撃の展開から始まったドラマ。でも成田っち狙いと暴露しちゃうみずきちゃんにも驚きを隠せない。歩君の方が真面目っぽいなあ好感度アップ、とおもいきや、みずきちゃんとは付き合う気はなかったという展開になってしまった。成田っちの口調はあんまり魅力的だとは思えないけど、少し幼さがある命令口調に弱い女子はいるのかなと思う。花ちゃんは主人公らしくかわいらしい。タバコ苦手というのも精一杯な感じが好感がある。玄関前の駆け引きは良くあるけど成田っち慣れてるなあっていう感じ。モテる男の余裕を感じさせてくれる。みずきちゃんと花の本音トークがドキドキした。成田っちと花の目の前でキスしちゃうなんてほんとう驚き、続きが楽しみ。
40代女性

花と成田はのデートが、強引なんだけど、節々に花のことが好きだという気持ちが溢れていてキュンとしました。花が嫌いならタバコをやめるというのもすごいと思うし、帰り際にもっと一緒にいたいだなんて、強引なのか弱々しいのかわからない感じがたまりませんでした。また、みずきが歩と結託して花と成田がくっつかないようにしようと企んでいたのがとても気になりました。もしかしたら、協力してもらうために歩と寝たのかもと思うとゾクっとしました。一度も愛されたことがないとみずきは思っていたけど、そんなやり方をしたら愛されるわけないのになと悲しかったです。一方で花はどんどん成田のことが好きになって行っているし、これはすごい修羅場がありそうな予感がします。
30代女性


第3話

みずき(浅川梨奈)の巧妙な策略によって、
距離が近づいていたはずの花(川島海荷)と
成田(白洲迅)は仲違いしてしまう。

花は成田とみずきが関係を持ったと信じ込み、
成田は花が歩(塩野瑛久)に
好意を寄せていると思い込む。

さらに、花と成田を
うまく引き離すことに成功したみずきは、
傷心の成田をホテルへと誘う。

みずきが成田と花の仲をさくために、成田には花が歩のことを好きで花にはみずきと成田が関係を持ったように見せかけます。みずきの成田を奪おうとする野心が、なんだか嫌だなと感じました。しかし、みずきが好きになった男性から花を紹介してほしいと言われたりして徐々に、心に闇が出来ていたんだなと思うと複雑な気分になりました。花が真実を知ってみずきがそんな花に対して今まで隠していた本音を話すことが出来てその点は良かった気がします。花もみずきの本音を聞いてみずきが今までどんな思いを抱えていたのかを知ることが出来て良かったと思います。みずきがそこまでして成田に本当に愛されたかったというのが切なく感じました。なんだかみずきが可哀そうになりました。
50代女性

みずきと花がどうして親友になったのかということが発覚しましたが、みずきがカッコ良すぎるなと感じました。たしかに花の立場だったらすごく尊敬するだろうし、そんなみずきだからこそ、本音を言っても嫌われないと思ってしまったんだろうなと思います。でも一方で、みずきもやっぱりいつも気になる男性が花のことばかり好きになることに嫉妬していたんだなと切なかったです。自分は誰からも愛されないなんて思っているようだし可哀想でした。そしてついに、みずきが花に嘘をついたことは衝撃でした。あんなすぐにバレるような嘘ですが、みずきからしたら、絶対にわかってくれるはずと疑わない花に一泡吹かせたかったのかもなと感じました。これからドロドロになりそうな予感がして楽しみです。
30代女性


第4話

互いの誤解が解け、
仲直りした花(川島海荷)と成田(白洲迅)。

花は、みずき(浅川梨奈)と
仲直りしてから成田の気持ちに応えたいと、
みずきに何度もメールを送るが、
花へのわだかまりが消えないみずきは
返信せずにいた。

しかし、歩(塩野瑛久)に促され、
花と話し合いの場を持つことにする。

みずきと花のお互いの誤解を解くために歩くんと成田くんも含めて四人で会うという展開には驚きました。みずきが花の謝罪に怒ってしまって、レストラン中を震撼させる程の大声で怒鳴って本心をぶちまけるシーンでは、まるで私もそのレストランに居て、二人を見ているかのような気持ちになり、ドキドキハラハラしました。しかし、2人っきりになって、お互い素直に話してみると、やっぱりどんなに喧嘩しても最後には仲直りして、親友を続けたいという二人の共通の思いが通じ合い、あっという間に仲直りして笑顔で話している姿を見て、あっという間すぎてついていけない部分もありましたが、ホッとしました。奏多くんと歩くんが兄弟だったという事実にとても衝撃を受けた回でした。
30代女性

みずきと成田が花の目の前でキスをしたのが衝撃でした。成田も何も拒否してるような素振りがなかったし、意味が分からなくてイラッとしました。そして、みずきの作戦通り、花と成田がすれ違っちゃってるのはとても切なかったです。歩があの場所にいなかったら、もっともっと拗れてしまっていただろうなと思いました。また、みずきが異様に成田を落とそうと必死になっている姿は見ていてつらかったです。本当は花のことだって好きなはずなのに、愛されたいっていう思いが強すぎて、こんな暴挙に出てしまったんだろうなと感じました。ホテルに誘ったり、キスをしたりしてくるみずきに対して、成田が優しすぎる対応をするのが大人の男っぽくてカッコ良かったです。
30代女性


第5話

偶然街角で路上ライブをしていた
弟の奏多(嶋崎斗亜)と再会した
一之瀬歩(塩野瑛久)。

弟のことが原因で
10年前に家を飛び出した歩は、
会いたかったと喜ぶ奏多に
複雑な気持ちを抱く。

そんな二人の事情を知るみずき(浅川梨奈)は
兄弟の仲を取り持とうと、
奏多の誕生日パーティーを提案する。

歩がチャラいだけの男だと思っていましたが、結構常識のあるところもあるんだなとびっくりしました。みずきのことを本当に好きになったかもしれないという気持ちが芽生えてたので、このまま2人がハッピーエンドを迎えてくれたら嬉しいなと思います。また、みずきと花が本当の本音をぶつけ合うシーンはすごく良かったです。特に、みずきは今まで花の前で正義のヒーローであり続けようとしてきたために、自分に重たいものを背負わせてきていたんだなと切なかったです。そして、そんな腹を割った会話ができたおかげで、今まで以上に2人の絆がふかまったところがすごく感動でした。これで花と成田は心置きなく付き合うことができるし、これからどうなるのか楽しみです。
30代女性




本ページの情報は
2020年11月時点のものです。

最新の配信状況はHulu
サイトにてご確認ください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました