劇場版 鬼滅の刃 無限列車編までのシリーズアニメ作品を無料動画配信で見れるサイト!一気見!

アニメ

シリーズアニメ全話を無料で視聴するなら

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
FOD初回2週間無料
見放題

(2週間以内に解約したら料金は0円無料です。)

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯よりアニメ・映画が好きな

アニピヨライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。
独自視点で作品の楽しみ方MAX!


ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 アニメ PV&公式YouTube動画

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 本予告 2020年10月16日(金)公開

鬼滅の刃 テレビアニメシリーズ全26話の作品無料視聴リンク

この作品は数多くの
アニメ作品を配信している
月額888円(税抜)の動画配信サービス

FODプレミアム」で
全話フル動画配信しています。
初回登録の方には
無料お試しが2週間ついてます。

【FODプレミアムの特徴】

・フジテレビ系列の作品が5,000本以上見放題

・アニメや海外ドラマなど
 人気作品をラインナップ

・放送中作品の見逃し配信があります

・雑誌が読み放題130誌以上

・対象漫画を無料で読めます

毎月1,300ポイントゲットできます。
毎月100ポイントと
毎月8日・18日・28日にそれぞれ400ポイント

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
FOD初回2週間無料
見放題
月額888円(税抜)
u-next31日間無料
見放題
月額1,990円(税抜)
hulu14日間無料
見放題
月額923円(税抜)

劇場版 無限列車編までのシリーズ動画詳細を確認!

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 キャスト・スタッフ

<CAST>

  • 竈門炭治郎:花江夏樹
  • 竈門禰豆子:鬼頭明里
  • 我妻善逸:下野 紘
  • 嘴平伊之助:松岡禎丞
  • 煉獄杏寿郎:日野 聡

<STAFF>

  • 原作:吾峠呼世晴(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
  • 監督:外崎春雄
  • キャラクターデザイン・総作画監督:松島晃
  • 脚本制作:ufotable
  • サブキャラクターデザイン:佐藤美幸・梶山庸子・菊池美花
  • プロップデザイン:小山将治
  • コンセプトアート:衛藤功二・矢中勝・樺澤侑里
  • 撮影監督:寺尾優一
  • 3D監督:西脇一樹
  • 色彩設計:大前祐子
  • 編集:神野学
  • 音楽:梶浦由記・椎名豪
  • アニメーション制作:ufotable

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 あらすじ

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 予告編第1弾 2020年10月16日(金)公開

2019年4月より放送を開始した
アニメ『鬼滅の刃』。

家族を鬼に殺された少年竈門炭治郎が、
鬼になった妹の禰豆子を人間に戻すため、
《鬼殺隊》へ入隊することから
始まる本作は、人と鬼の切ない物語、
鬼気迫る剣戟、そして時折描かれる
コミカルなシーンも人気を博し、
国内のみならず、全世界で
大きな話題となった。

そして2020年、
TVアニメ“竈門炭治郎 立志編”
に続く物語“無限列車編”が、
劇場アニメーションとして描かれる。

炭治郎たちが次に向かうは、
闇を往く《無限列車》。

多くの人が行方不明になっている
この列車を舞台に、
新たな任務が始まる―。

アニメ版の続きとして上映された無限列車編だが、アニメを見ていない人でも分かりやすい内容だったと思う。また、漫画版にもしっかりと則って話が進んでいたことがとても嬉しかった。無限列車では、魘夢と戦うシーンだけでなく列車の中で煉獄杏寿郎や我妻善逸、竈門禰豆子が鬼の一部を人間を守りながら戦うシーンも見ものだった。炭治郎は夢の中で家族と再開し、ずっと幸せな空間の中で居たいという葛藤がかかれておりそれと決別して現実の世界に戻ってくるところも感動した。最も感動したのは、魘夢を倒してからだ。煉獄杏寿郎と猗窩座が火花を散らして戦うシーンから煉獄が猗窩座に倒されてしまうシーン、炭治郎に最後に色々と伝えるシーンが最も感動して泣けるところだった。
20代男性

無限列車の中で起こる鬼との戦いです。鬼に夢から覚めない術を掛けられた炭治郎達は幸せな夢をみせられ現実に戻りたくても戻れない。そんな葛藤、幸せと絶望の中で一つの正しい答えを見つけながらもがくシーンが印象的でした。そして炭治郎、禰豆子、伊之助、善逸の成長ぶりも今回の作品で十分に感じとれました。また柱である煉獄さんから戦う上での強さだけではなく人間的な強さ、優しさ、そして気持ちの持ち方などを彼らは教わる事が出来たと思います。鬼との戦いのシーンではかなり衝撃的なシーンもありますが、今回もそれぞれの型を使って戦うシーンが幾つも出てきますが、その戦いシーンは一言で言うと美しさが感じられます。笑いあり感動ありのあっという間の時間でした。
40代女性

映画を見る際に煉獄さんの本をもらえたので、まずそこに感動しました。初日から予約も取れないかも言われていたので、その漫画本を手にすることができるか不安だったからです。映画の内容は、ジャンプの漫画と変わりなくストーリーは原作に沿ったものでしたが、サウンドの凄さに驚かされました。ものすごくきれいな映像と迫力のある音で感動の連続でした。特に私はねずこが炭治郎に起きてほしくて、頭突きするシーンがとってもかわいくて好きで、ねずこの表情に周りの観客の人たちも笑っていました。煉獄さんが死んでしまうシーンは涙が止まらず、みんな泣いていました。 本当に感動を与えてくれる対策でした。できればアニメだけでなく、またこの映画の続きも見たいと思います。
30代女性

連載が終わってからずっと待ってた映画版。コミックではもう結末はわかっていたけどやっぱり映像で見ると感度も倍。アニメの最終話が列車に乗ったところだったのでどこから始まるんだろうと思っていましたがまさかお館様のシーンからなんて…なんて艶やなんだろう映画館だから見れる艶やかさだった。そしていざかまぼこ隊列車に乗車!煉獄さんの「うまい!うまい!」って声大きすぎ笑何両も先まで聞こえてるってどんだけ大きな声なの笑そして話をすぐぶった切る。話が続かない笑切符を切られてかまぼこ隊と煉獄さんは夢の中へ。みんないい夢を見てるんだよな。夢の中の内容はいっぱいあるけど長くなるので割合して、少し残念だったのは千寿郎の声はもう少し幼い声が良かったなかっこ良すぎた。寝てる炭次郎を起こそうとする禰豆子は可愛かった。魘夢と戦うシーンでは伊之助と炭次郎がかなり活躍していたな。魘夢の声はすごい記憶に残る声で落ちていく夢の中へというセリフは特にすごい残ってる。やっと魘夢を倒したあと「あ、ついに来てしまう。一番見たくないシーンが」と目を瞑りたくなってしまいましたが煉獄さんの最後の任務はこの目に焼き付けなければと涙を堪えて見ました。善逸がいう通りなんで猗窩座が来るんだよ。魘夢だけでいいじゃん。涙止まりませんでした。だってあんなに俺様感ある伊之助だって泣いてるんだもん。映画が終わりになるにつれて涙が止まらない映画です。久しぶりにすごい泣きました。ただ欲を言うなれば千寿郎のもとへ炭次郎が行くシーンまで見たかったなと思ってしまいました。でも無限列車編はぜひ映画館で見て欲しい。戦闘シーンの迫力や呼吸のシーンの鮮やかな色。見入ってあっという間に終わってしまいます。映画館で見ることをお勧めします!非常に最高の作品です!
20代女性

とても素晴らしい映画でした。炭治郎たちの活躍もよかったですが、この映画の主人公は紛れもなく煉獄杏寿郎だと思います。序盤のコミカルなやり取りも楽しく見れました。バトルが始まってからは彼の行動、言動の一つ一つがとても心に響いてきました。劣勢でも信念を曲げず、鬼にならないかという猗窩座の誘いを何度も断り最後まで柱として戦う姿に感動しました。原作は既に読んだ状態で鑑賞しましたが、ラストシーンは涙が止まりませんでした。映像もとても綺麗で、特に煉獄の繰り出す技の炎の演出は圧巻でした。レイトショーでの鑑賞でしたが、子供連れの家族の姿も多かったです。この時勢に家族で楽しむことができる娯楽として最適なのではないでしょうか。
20代女性

今回は火柱である煉獄にスポットが当てられた内容となっていましたが、煉獄のしょっぱなからお弁当を「うまい、うまい」と大きな声で感想を何度も言い食べ続けながらの登場には声量が凄すぎて正直びっくりしました。しかし、煉獄は炭次郎・善逸・伊之助に対してもとても面倒見が良くていい先輩だし鬼と戦う時には圧倒的な強さを見せていてすごくかっこ良かったです!上玄の参の鬼のと激しい乱闘の末に煉獄は破れてしまいますが、最後まで1人でみんなを守り抜いた姿には胸がすごく熱くなりました。また、最後の最後で病気で亡くしてしまった母親を見て、【自分は良くやったかどうか】を問い【良くやった】という返答に対して笑顔を向けるシーンでは涙腺が崩壊でした…。少し切ない内容でしたが、シリアスの中にもコメディな内容もあり、アクションシーンはカッコいいのが綺麗な映像で描かれていて最高の内容でした!
20代女性

煉獄杏寿郎の漫画での活躍は7、8巻でもっと掘り下げて見たいと思っていたので今回の映画化は大変嬉しく思っています。漫画では感じ取れない風の動きや土埃などの風景、アニメだからこそできるキャラクターの微妙な動きがとても良いです。原作を知っているので泣き所は分かったつもりでいましたが、キャラクターの動作やBGMでまんまと泣きました。アニメで見ると実はこのキャラ強いんだな、このキャラあっての討伐なんだなとにわかファンでも納得しながら見れます。あまり好きじゃなかった嘴平伊之助が強くて頼りになってなくてはならないキャラだと映画で理解しました。個人的に嘴平伊之助は漫画だと言葉は強いですがあまりと強そうに見えませんでしたが、映画ではすごく強そうでした。ストーリーも丁度よいところから始まっていて入りやすかったです。
30代男性

炭治郎の夢の中に入った少年の心の変化も良かったです。炭治郎の夢の中の世界では皆が生きているだけに、それを振り切って夢から覚めようとする姿にも泣けます。無意識戦闘中の善逸だけでなく、ねずこの戦闘もあって良かったです。炭治郎と伊之助が敵を倒すまでや、伊之助が乗客を救出するまでのやり取りに仲間の絆を感じます。太陽が昇りきるまで、首を斬るまでは絶対この手を離さないという、乗客や炭治郎達を守るんだという煉獄さんの命を懸けた最後の戦闘シーンがカッコよかったです。煉獄さんの遺言を2人が聞くところも泣けるけれど、逃亡するあかざに向かって炭治朗言う煉獄さんへの思いの言葉が一番感動します。技を出す際の描写がとてもリアルですごかったです。
30代女性

アニメをみて鬼滅の刃にハマり、アニメの続きから漫画を読んでの鑑賞だったため展開はわかっていましたが、煉獄杏寿郎の生き様に感動しました。柱として炭次郎たち後輩への的確な指示はもちろん、後輩たちを守る姿や認める姿は胸が熱くなりました。情熱的で真っ直ぐな人柄だと思います。また、炭次郎が現実の世界を守るために、夢の中で家族と決別するシーンはもう一度会えた炭次郎の心情を考えるととても悲しかったですが、戻って戦うという炭次郎の心の強さを見せつけられました。映像がとてもきれいで、これは映画館で鑑賞してよかったと思います。伊之助の夢の中などで漫画にはなかったシーンも追加されていたので、改めて読みなおそうと思いました。
20代女性

漫画やアニメで内容は知っていましたが、映画館ならではの大迫力で映像と音を最後まで楽しむことができました。所々CGも使われており、汽車が走るシーンや鬼が姿を変えるシーン、戦いの迫力は劇場でしか味わえない仕上がりでした。お子様も多かったですが、子供から大人までみんなが見入っている様子が席から見えて、鬼滅の刃の人気さを改めて実感しました。声優さんの演技力は圧巻で、戦いのシーンではドキドキし、煉獄さんとの別れのシーンではそれぞれのキャラクターの想いや言葉に涙しました。またLiSAさんが歌う炎も映画の雰囲気ととてもマッチしていて、終わった後もしばらく余韻に浸ってしまいました。次の映画化もとても楽しみです!
30代女性

キャストの声がアニメの声優さんに似ている所がまず凄いなと感じました。もしかして声優さんがやってる?と思うほどでした。雰囲気もアニメのキャラクターに似ていてすごいなーと思いました。珠世さんが特に似ていてこんなに似ている人はいないなと感じました。バトルシーンも今時のプロジェクションマッピングを使っていて迫力のあるシーンに驚きました。鬼滅の刃のバトルシーンはアニメでないと難しいと思っていたのに舞台でこのクオリティーはさすがだなと思いました。鱗滝さんと鋼鐵塚さんが炭治郎が着替えてる間に間を繋げるシーンがとても面白くて笑ってしまいました。アドリブのような感じでとてもよかったなと思います。冨岡義勇の声を張って炭治郎に喝を入れるシーンは頭に直ぐにアニメの同じシーンが浮かんでそのまんまだ!と感じさせられました。
20代女性

アニメから入った人は多いと思います。あの映像には誰もが惹かれてしまいますよね。たくさんアニメを見てきた人こそ、作画の崩れなさ、なめらかな動きに感動出来るはず。そこまで来たら原作の漫画も是非読んで下さい!驚くほどのテンポの良さ、もっと引き伸ばせるシーンもたった数コマだけ。あの潔さはなんなんでしょう?大好きなキャラの過去をもっと知りたいのにっ!物語の流れに必要ないと判断したら吾峠先生は描かずに進んでしまいます。その余白は私たちの想像で補うしかありません。でもそこが鬼滅の刃の魅力なのです。個人的には宇髄さんの過去をずっと妄想しています。私の人生は最終回を経てもなお、鬼滅に狂わされています。
30代女性

たくさんの登場人物がいましたが一人一人個性的でアニメから飛び出してきたかのようにそっくりで見応えがありました。アニメではかなりグロテスクなシーンもありますが舞台版ではそこを再現しつつも小さなお子様でも見れるように工夫がされており、家族でも楽しめる作品です。登場人物のセリフや行動はアニメと全く同じで内容を知っていても飽きずに楽しめます。舞台版はアニメでいう14話までの内容となっており、カットされた内容もありますが舞台版ならではの音楽や歌があり、また一味違った魅力があります。舞台が好きな人、ミュージカルが好きな人、アニメが好きな人、どの世代の方でも見やすく何度でもリピートして見たくなる面白さがあり素敵な作品です。
20代女性

家族の大切さ、仲間の大切さについて深く考えることができた。映画の映像技術にも時代の変化を見ることができました。特に戦闘シーンの描写は何度見ても素晴らしいものです。作品中大きな戦闘シーンが二回ほどでテックるのですが特に二回目の戦闘シーンは鳥肌者でした。最強クラスの二人の戦闘シーンは漫画では書ききれなかったものの映画ではきちんと描かれていてとても感動しました。鬼との戦闘では常に死と隣り合わせです。この情報を提示しているのはこの映画では言うまでもないですが煉獄さんの死です。主人公の竈門炭次郎は数々の鬼と対戦氏を繰り広げていましたが身近な仲間の死には直面していませんでした。人はいついなくなるかわからない。このシーンをもって痛感することができました。
20代男性

猗窩座と煉獄杏寿郎が戦う姿が圧巻でした。お互い強い物同士で猗窩座は12鬼月だし、煉獄杏寿郎は柱として高い戦闘能力があるにもかかわらずやられてしまうなんて本当に心が痛かったです。最後は煉獄杏寿郎が敵を倒してハッピーエンドで終わるだろうと思っていたらそうではなかったのでさすが鬼滅の刃だとお思いました。このキャラクター凄くいい、死なないで欲しいと思ってもやられてしまうのが鬼滅の刃です。裏切ってくる戦闘が本当に面白いしまた、魘夢がわりと好きなキャラクターだったので独特の戦い方で目を奪われました。炭治郎は戦いを重ねるたびに最強に近づいていてすごいなと思います。テレビの延長線上に映画があるのでぶれないところがいいです。
40代女性

無限列車編はアニメの続きでずっと映画を楽しみに待っていたので、期待がとても大きくなっていましたが、その期待をはるかに上回るほどの感動と面白さでした。見所はやはり戦いのシーンですが、26話までのアニメで出てくる鬼より圧倒的に強いのと、映画館なので迫力も凄く、ひと時も目を離すことなく夢中になって映画を楽しめました。映画のラストシーン、煉獄杏寿郎と上弦の参の戦いは結末がどうなるか知らないまま見たので、ドキドキとハラハラもあり、最後は感動で涙が止まりませんでした。鬼滅の刃はグロいシーンも多い反面、家族愛が大きく表現されていて大人が見ても勉強になることが沢山あります。アニメをまだ見たことがない方でも、楽しめる作品になっているのではないかと思います。
20代女性



本ページの情報は
2020年11月時点のものです。

最新の配信状況はFOD
サイトにてご確認ください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました