新サクラ大戦 the Animation 無料動画視聴方法と見逃し配信

アニメ

この動画をネットで見るならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 配信方法

見放題配信

今すぐU-NEXTで無料視聴する

(31日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

 

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

 

作品無料視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

今すぐU-NEXTで31日間無料視聴する

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品14万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事でわかりやすくまとめています。

U-NEXTのおすすめポイント
U-NEXTを31日間無料利用する方法をお伝え致します。

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • 天宮さくら:佐倉 綾音
  • 東雲初穂:内田 真礼
  • 望月あざみ:山村 響
  • アナスタシア・パルマ:福原 綾香
  • クラリス:早見 沙織
  • 神山誠十郎:阿座上 洋平
  • 神崎すみれ:富沢 美智恵
  • クラーラ:和多田美咲
  • レイラ:白石晴香
  • カミンスキー:赤羽根健治

<STAFF>

  • 原作:広井王子 セガ
  • メインキャラクター原案:久保帯人
  • 監督:小野 学
  • 副監督:今 義和
  • シリーズ構成:小野 学 浦畑達彦
  • 音楽:田中公平
  • 音響監督:清水勝則
  • キャラクターデザイン:工藤昌史 茶之原拓也 福島達也
  • メカデザイン:明貴美加 鈴木勘太 片貝文洋
  • アニメーション制作:サンジゲン

 

あらすじ

太正三十年(1941年)
帝都・東京は、平和な日々を取り戻していた ―――

『帝国華撃団・花組』は隊長神山誠十郎が欧州へ赴任し、
天宮さくらが隊長代理に就任していた。

日々奮闘している花組の元に神山が一時帰国するが、
その傍には見知らぬ少女がいた。

少女の名はクラーラ。

大きな事故に遭い壊滅した
莫斯科(モスクワ)華撃団の唯一の生存者だという。

神山から託され、花組へと転属になった
クラーラを迎え入れるさくら達。

そんな中、『莫斯科華撃団』を名乗る一団が
突如帝都に現れる―――

莫斯科から来たクラーラとは何者なのか?
そして、壊滅したはずの莫斯科華撃団の来日の目的とは?

帝国華撃団・花組の新たな戦いの幕が開く!

配信中のおすすめサイト

動画配信サイト 配信の有無 無料期間

(見放題配信)
31日間無料
今すぐ見る

(見放題配信)
14日間無料
今すぐ見る

(見放題配信)
初回2週間無料
今すぐ見る

各話紹介

第1話 堂々開幕!新生華撃団

太正三十年―
多くの客で賑わう大帝国劇場。

帝国歌劇団の新作公演初日。

楽屋には隊長代理としての
初めての舞台を迎える天宮さくら、
そして、東雲初穂、望月あざみ、
アナスタシア・パルマ、クラリスの
新生花組の4人の姿が。

そこに神山誠十郎が帰国。

その後ろには見知らぬ一人の少女の姿が…

謎の敵がおそいかかり、隊長が外国から謎の少女を隊の新メンバーとして連れ帰ります。新入りのクラーラの謎がまだ残ったままで終わったので次回以降が楽しみになります。隊長が女子を連れて返ったことに対して心配や嫉妬の思いで見ているサクラの反応が可愛かったです。OP、ED曲、そして舞台ステージでの挿入歌まで、出演声優たちの歌のうまさも分かるもので良かったです。旧シリーズではじゃじゃ馬な帝国華撃団メンバーとして戦っていたスミレが今回では偉い役として再登場したのが嬉しかったです。今後は他の懐かしのメンバーも出てくるのかと期待できます。敵が帝都を襲ってくる理由もまだはっきりとはわかりません。敵の明確な目的がわかる次なる展開を期待したいです。
30代男性
いきなり謎の敵とのバトルが暗闇で展開してワクワクしました。大正時代の町並み、各キャラクターの衣装など、美術面での作画が美しかったです。帝国華撃団のメンバーの5人の乙女が可愛かったです。OP曲のサビは過去シリーズのものをそのまま歌っていたので往年のファンの胸にささるものでした。佐倉綾音さんの演じる今回のサクラが可愛らしかったです。久しぶりに劇場に帰還した隊長にほんのりとした恋心をよせているように思えるサクラの心理描写を可愛く行っていました。戦闘シーンも迫力があってよかったですが、キャラクターの可愛さも前面にだしていてよかったです。舞台で演技する華やかなシーンのあとにはロボットにのって戦うというヒロインたちの二面性を見せていてよかったです。
30代男性
セガサターンの元祖「サクラ大戦」からシリーズのファンなので、期待を持って視聴しました。元祖からはキャラデザインなどがかけ離れていて若干の最初は若干の違和感を覚えましたが、帝国華撃団や光武への搭乗など他シリーズと地続きの世界観の中で物語が進行していくのだということがわかり、新たな画風にもすぐに順応することができました。。特に古参のファンとして嬉しかったのは、オープニングテーマがサターン時代と同じ「檄!帝国華撃団」だったことです。大正ロマンという作品の世界観をとても馴染みやすい編曲で表現した名曲で、おもわずテレビに合わせて口ずさんでしまいました。まだ第一話なのでこれからどのように物語が展開していくのかはわかりませんが、次週以降の放送が楽しみです。
30代男性
かなり面白かったですが、ゲームがタイアップされているせいか時間がなかったのか、漫画原作の最初のシーンがカットされてました。本当は帝国華劇団が去ってから10年後帝国歌劇場は錆びれており、三式光武がボロボロになって発見されるシーンがあるのですが、これが丸々カットされてました。凄くショックでした。しかし何と言っても新作です。しかも今回は味方が増えるパターンではなく、全員新しいメンバーです。私としてはさくらがかなり好きなキャラクターだったのでアニメバージョンではどこかに出てくるのではないかと推測をしています。後々ネタバレだったらすいません。とまあ今回はメンバー全員が若い女の子になってるので世間に受ける気がします。
30代男性
ファンとして、非常に大満足の内容でした。かなり伏線の強い開幕だったと思います。それがとてもよく、新サクラ大戦ならではの新しいストーリーと、なにが重要なのかをインプットできました。また、オープニングも伝統を受け継いでおり、少しのアレンジとともに、新であることを改めて痛感しました。それから、新たなメンバーの紹介からどんなキャラなのかがわかったことで、気分が高まってきました。個人的には天宮さくらがとにかく良かったです。アニメなので多くしゃべり多く動くので、改めてキャラクターの良さを楽しめました。佐倉綾音さんの声もとても可愛らしく、ゲームとは一味違った満足感がありました。霊子による戦闘シーンも迫力があり、ますます次回が待ち遠しいです。
30代男性
見てみた感想は、謎が多いなという印象を強く受けました。何故莫斯科華撃団が1人の少女を残して全滅することになったのか、なぜその少女は生き残ることができたのか、その少女が謎の人物もしくは団体に狙われていて、その狙われている理由はなんなのかということがあり、これから話が進んでいくことによってそれらの理由がわかるようになるのはすごく楽しみだと思いました。展開として、莫斯科華撃団の生き残りの少女を帝国華撃団・花組で保護することになったのですが、隊長の神山誠十郎がその際に、花組は家族だと思っているということを聞いて、少女のことを考えて信頼できる仲間に預けるという行為がすごくかっこいいと思いながら見ていました。
30代男性

第2話 正体不明!謎の怪人現る

神山から託されたクラーラを
家族として迎える決意をしたさくら。

一方、街では神出鬼没の怪人、
白マントの話題で持ちきりになっていた。

さくらはクラーラを連れて
花組メンバーの紹介や
大帝国劇場を案内することに。

まず、時代背景が大正時代ということで、アニメの「はいからさんが通る」を思い出しました。それから、帝国華撃団のメンバーが5人いるというのはスーパー戦隊を思い出します。このアニメは戦うのが目的なのかと思いましたが、そうではなさそうです。また、怪人が登場するということで怪人20面相を思い出します。白マントの人はアニメの「名探偵コナン」の怪盗キッドを思い出します。白マントの人はおそらく白秋先生ではないかと思いますが、その声を声優の沢城みゆきさんがやっているということで驚きました。沢城さんはアニメの「ルパン三世」の峰不二子の声などをやっていて、ドラマの「なつぞら」にも顔出しで出ていました。莫斯科(モスクワ)華劇団のクラーラが今後の鍵を握るのかなと思いました。
50代女性
新サクラ大戦第2話。冒頭、謎の白マントのやりとりから物語はスタートします。白マントの強さや、決して悪い人ではないというのが、短い描写ながらよく表現されていたと思います。そしてクラーラを帝国歌劇団に迎え入れたサクラ。前半はクラーラに紹介するという体で、各キャラクターをとても分かりやすく紹介しています。登場人物もそれなりに多いのですが、それぞれの個性を表しつつ、決して説明文のようになっていないのは、とても良かったと思います。そして後半パート、サクラとクラーラを襲うなぞの黒マント。そこに現れる白マント。ここでもそれぞれの戦闘スタイルが描かれており、とても分かりやすかったです。黒マントは仕留め損ない、なんとなく消化不良のまま、歌劇団は一向はクラーラへの不信感を口にし始めます。そこにやってくるモスクワ歌劇団の空飛ぶ戦艦。あの街を覆いつくさんとする絶望感はとても好な演出です。
30代男性
美しいヒロインでありながら男前な感じもして格好よいアナスタシアが好きになりました。ピアノを弾きながら歌の練習をしているシーンでは美しい歌声も聴けてよかったです。褐色の肌をもつヒロインなので、隊に国際色をもたせる良きメンバーでした。後半では仮面の怪人とヒロイン達が生身で戦闘するシーンがありました。迫力ある作画で描かれていてよかったです。帝国華撃団メンバナー個々が用いる武器や戦闘スタイルが異なっていて個性が出ていました。美しいだけでなく、女優も出来て戦闘力もあるというヒロイン性の強さを示した良い回でした。皆がクラーラを優しく受け入れることでファミリー感が生まれる展開には心温まるものがありました。クラーラが可愛かったです。
30代男性
隊長のことが好きで、隊長とラブラブな夢を見て起きるサクラが可愛い乙女といった感じがして萌えました。演じた佐倉綾音さんの演技も可愛くて好きでした。前回ではクラーラのことを見て、もしかすると隊長の隠し子なのではないかと疑っていたサクラたちですが、今回では正式に帝国華撃団のメンバーに招くということで優しく接していました。サクラがお姉さんようにしてクラーラを世話するシーンに心が温まりました。家族のような関係になることに重きを置く隊長の支持が心に響きました。劇場の中を案内して回るシーンで、視聴者にも構造が分かるのに興味がわきました。メインの5人のヒロイン意外にも個性的な面々が働いているのが分かってよかったです。
30代男性
前の主題歌もよかったのですが、個人的には今回のリメイクした主題歌のほうが頭に残りいいと思います。作画がとにかく丁寧な印象ですね。山積みの書類、建物設備の陰影、そろばんをはじく指のスピード感、お風呂の曇りガラスなど、全体的に丁寧に作られており素晴らしいですね。夢オチから始まるというオーソドックスな入り方ですが、序盤にラッキースケベ(男版)をもってくる話の構成、盛りだくさんですね。森を歩くシーンでは、小鳥のさえずりが聞こえるなど細かい仕事をしていて好感が持てます。見どころは、黒マントとの対決シーンでしょうか。1対6でも全然引けを取らない黒マントの強さが際立っていました。さらわれた!と思ったら白マントがいいタイミングで登場したのはよかったです。剣劇シーンは迫力がありました。ラストにモスクワ華撃団が登場というのも次回に期待でき、いい終わり方だと思います。
30代男性
怪人白マントを巡って事件が展開しました。帝都にオカルト話のような噂が出て、二人の仮面マントが登場した展開が印象的でした。ロボットではなく、生身でヒロインたちが戦闘を行うシーンが見所となっていました。銃を打ち込んだり、木槌で戦う武闘派までいて、帝国華撃団メンバー個々のスペックの高さがよくわかりました。最後にはサクラが刀で戦うシーンも格好良かったです。モスクワからやってきたクラーラを中心にして騒ぎが起きます。クラーラが一体何者で、敵からするとどれだけの価値があるのか、まだまだ謎が残ります。クラーラが少しずつサクラたちのチームに慣れていき、家族になっていく物語にほっこりしました。次回の展開も楽しみです。
30代男性

————————————————————————
本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

アニメ見るならお得なキャンペーン実施中! | U-NEXT
アニメ<U-NEXT>お得なキャンペーン実施中!31日間無料トライアル登録で今すぐ見よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました